管理人からのお知らせ

家でできる発達障害の改善方法

発達障害の改善方法は、意外にたくさんあります。
けれど、なかなか表には出てきません。

 

なぜなら、個人が試していたり、科学的な根拠はいまだ不明だけれど、
発達障害の症状が改善した!というレベルの話が多いからです。

 

 

科学的な根拠がないからといって、
意味がないわけではありませんよね。

 

 

例えば、【牛乳】

 

牛乳が身体にいいのか、わるいのか、
いまだに、議論は平行線ですが、【牛乳】をやめることで、
発達障害の症状が改善したという例はたくさんあります。

 

そういうことです。

 

大事なことは、危険ではないことは、「やってみる」ということです。

 

簡単なことばかりなので、
ぜひ、やってみてください。

 

何もしなければ、今の状態が続くだけですよ。

 

家でできる発達障害改善方法記事一覧

【北海道の息吹〜北海道物産通販】さて、発達障害の改善のために「するめ」を食べませんか?「するめ」じゃなくても、イカ軟骨でも、エイヒレでも、なんでもいいです。実は、噛むことで、「脳は活性化」するんです。最近では、「個性」という言葉が優先されて、保育所、学校などで、10回噛んでから、飲み込みましょうとか、昔では、されていた【指導】がされなくなりました。子どもが泣いても、10回、20回噛むまで、食べさせ...

テレビやゲームをやめると、発達障害の症状が改善されます。テレビやゲームをやめると、発達障害の症状が改善されるなら、やめられますか?でも、0にするのは、難しいとは思います。見たいテレビやスポーツの試合は見たらいいと思います。ただ、テレビやゲームなど、光の刺激の強いものを避ける時間をつくってほしいんです。家族で団らんしたり、家族でトランプをしたり、人生ゲームをしたり、テレビの刺激から、お子さんを遠ざけ...

小さいお子さんには、「ノンタン」がハマるかも・・・・?私はこのサイトをつくって、りたりこ『発達障害ナビ』というサイトをよくのぞかせてもらっています。そこに、こんな記事が載っていました。発達障害のお子さんが、「ノンタン」の絵本シリーズにハマったという話です。その話は、りたりこさんのページで確認していただいて、この「ノンタン」シリーズのように、絵本の大切さを3つほど、書かせていただきます。実は、すごい...

靴をそろえさせる。これも、立派なトレーニングになります。靴をそろえて発達障害を改善しよう子どもに発達障害の疑いがあるときには、靴をそろえて脱ぐ、ということを教えてみましょう。小学校中学校高校と日本では、靴を脱ぐ習慣が多くあります。私の塾では、トイレ用のスリッパがあるので、教室に入るときに一度靴を履き替えて、また、社会人になっても、靴を脱いであがるお座敷での飲み会など、「靴を脱ぐ」という行為は、日本...

肌の触れ合いを意識してください。『発達障害の子がぐーんと伸びる心と体の育て方』著・やまもとまゆみ 大和書房 発行日2016年10月30日によると、こんな記述が見られます。受精卵が分裂して生じた細胞層のうちの一番外側にある外肺葉が、子どもの脳と皮膚をつくると言われています。そのため、皮膚に触れることは、脳に刺激を与えることでもあるので、脳を発達させることにつながっているわけです。また、皮膚に触ること...

旬の野菜通販専門店「オイシックス」旬の野菜を食べることでも、発達障害は解消されます。旬の野菜には、こんな3つのメリットがあります。美味しい栄養価が高い農薬が少なくて済む発達障害の治療の基本は、できるだけ体にいいものを食べる体に悪いものを取り込まないです。まず、1の美味しいです。旬の野菜は、その季節に適した野菜です。だから、美味しいんですね。野菜が美味しいと感じたことがない方は、高い野菜を買ってみて...

納豆は、発達障害の改善に効果があるとされています。納豆に含まれる納豆菌は、実は乳酸菌以上に、腸内の腐敗菌(悪い細菌)を退治してくれ、胃酸にもやられないので、長時間腸内にいてくれるので、下痢をすぐに止め、腸内を整えてくれるのです。ビオフェルミンという整腸剤がありますが、このビオフェルミンの上位互換のような整腸剤に、ファスコン整腸剤+というのがあります。⇒ファスコン整腸剤の公式サイト(アマゾンなどでも...

牛乳を豆乳に置きかえるダイエットや美容にいいことで知られる豆乳。でも、豆乳に含まれるビタミンB群やレシチンが、認知症やうつ病に効果的だということを聞いたことがありますか?美容にいいとか、イソフラボンが入っているので、髪にいいとか、そこが注目される豆乳ですが、脳機能の改善にもいいことがわかってきています。また、イソフラボンの作用で、便秘が起こりにくくなり、解毒もできるという優れものです。できるだけ、...

家族で楽しく食事をするこんなに簡単なことで、脳の力はアップするんですね。家族で楽しく食事をしてみましょう。これだけで、脳は活性化します。1、心の安定楽しい食事は、心の安定につながります。食事は、生きるうえで必ず、必要なことです。この生きるうえで必要な食事が、【楽しい】と認識すると、心の安定が生まれます。お父さんと楽しく食べること、お母さんと楽しく食べること、これが子どもの心の安定につながります。ま...

危険なトランス脂肪酸を摂らないようにしましょう。発達障害の方ではなくても、トランス脂肪酸を摂らないように気をつけましょう。トランス脂肪酸を過剰摂取すると、人格変貌があると、すでに研究で報告されているそうです。これって、発達障害の攻撃性につながっているかもしれませんね。ソース元はここトランス脂肪酸の記事さて、この記事によると、アメリカのカリフォルニア大学の研究によると、トランス脂肪酸を摂りすぎると、...

体に触れることはとても大切です。自分で体をさわってみる、撫でてみる。これだけでも、脳は活性化します。そのメカニズムを少しだけ解説しますね。体を撫でることによって、場所にもよりますが、凝っていた場所などでは、血液やリンパの流れがよくなります。そして、皮膚細胞が活性化し、そこに血液が流れ込めば、より、活性化効果は高まります。筋肉がほぐれて、リラックスできることで、自律神経の働きが正常に戻っていきます。...

家事を一緒に行いましょう!私が、発達障害のことを調べるようになって、脳科学者であろうが、精神科のお医者さんであろうが、NPO団体の主催者であろうが、みなさん、発達障害の改善には、親子でコミュニケーション能力を磨くことを上げています。「親子でコミュニケーション能力を磨く」という表現の仕方は違っても、発達障害の改善を目指すなら、親も子も、自分を見直していかなければなりません。子どもが上手くできないこと...

管理人からのお知らせ


イーブックは、著者が販売を停止すると、手に入らない可能性が高いです。

今、この時点で販売しているかどうかは、確認しておくとよいと思います。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
インターネットでも、話題になっている発達障害改善マニュアルです。アスペルガー、ADHD、ASD対応となっていますが、すべての発達障害に対応できるマニュアルです。医師では書けないこと、今の常識でははかれないこと、カウンセラーという立場で「現場」に居続けた著者だけが書ける本となっています。
>>>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
ポイント1 ポイント2 ポイント3
プロカウンセラーが著者 本にはない情報が満載 食事制限


中学3年生の女の子がたった90日で平均2・5の成績からオール3まで上った方法
100冊以上の発達障害や栄養、睡眠、親子関係、脳科学、について読んできたサイト管理人であるひろあが半年かけて書いた1冊です。400ページを超える電子書籍になっていますので、覚悟してお読みください。私が得た知識をできるだけわかりやすく書いたつもりですが、それでも、これだけのボリュームになりました。
>>>>発達障害の教科書・発達障害を改善させる120の方法
ポイント1 ポイント2 ポイント3
小学生、中学生対象 100冊以上の本の知識が1冊に 改善ポイントは3つ