管理人からのお知らせ

発達障害に良い食べ物

発達障害は脳の一部の機能障害と言われます。先天的なもので、ある程度は、成長とともに緩和されますが、どういう食事を摂るか、それによっても症状が緩和されたり、症状が改善されたり、そういうこともありそうです。

発達障害に良い食べ物記事一覧

発達障害に効果があるとされる『DHA』とは?『DHA』は、頭をよくすると知られている成分です。その割に、みなさん、DHAを意識して取るということをあまりしていないように見えます。DHAに関してはこんな話があります。DHAは、脳血管型認知症の予防・改善に効果的であることが報告されており、実際、脳血管性認知症の患者に半年の間、DHAを投与したところ、8割近い人に改善がみられた、という研究結果があるそう...

発達障害の改善を諦めたくない人のための食事方法ってあるの?サイト管理人のひろあとしては、食事が、発達障害の改善に絶対に必要不可欠だと思っています。アスリートが身体を鍛える際に、まず、食事を見直すのは当たり前ですよね。食事が身体を作るからです。それは、脳も例外ではありません。脳の機能障害である発達障害を、改善していこうと思えば、食事についても気を付ける必要があるのは当然だと思っています。発達障害にい...

実は牛乳は、発達障害のお子さんには良くない、そんな話をあなたは聞いたことがありますか?事実、『発達障害の子がぐーんと伸びる心と体の育て方』では、こんな記述があります。「白い食べ物はなるべく避けた方がいい」ということです。牛乳、ヨーグルト、ですね。ただし、豆乳や豆腐はオッケーです。白いものすべてではありませんが、白いものを避けた方がいいですね。信じられないかもしれませんが、発達障害のお子さんの症状は...

発達障害のお子さんの症状がきついなら【魚】を食べましょう。すでに、【魚】に関しては、この2つのことが実証されています。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発達障害の本当の関係。このサイト管理人が、発達障害に良い食べ物を知ることができたイーブックです。ここには、一目で発達障害の方が食べた方がいいもの、避けた方がいいものがわかる表がついています。一般の書店には置けないからこ...

「牡蠣」は発達障害改善にぴったりです。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発達障害の本当の関係。このサイト管理人が、発達障害に良い食べ物を知ることができたイーブックです。ここには、一目で発達障害の方が食べた方がいいもの、避けた方がいいものがわかる表がついています。一般の書店には置けないからこそ、書けることもあるんですね。⇒「当サイト管理人」のこのイーブックのレビュー⇒こ...

そばを食べよう|発達障害にいい食事ということで、そばのすすめです。そばが体にいい理由年越しには「そば」の理由が調べていくうちにわかりました。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発達障害の本当の関係。このサイト管理人が、発達障害に良い食べ物を知ることができたイーブックです。ここには、一目で発達障害の方が食べた方がいいもの、避けた方がいいものがわかる表がついています。一般の...

ホタテはすごい!これだけの効果があるホタテ!発達障害の改善にいい食材として、ホタテもよくあげられます。ホタテの良さをまずは、一通りあげていきましょう。脳を活性化させる。コレステロールをおさえる。肝機能を向上させる。疲労、ストレスを取り除く。血液中の水分量・無機塩を調整。血液をサラサラにする。眼精疲労に効果がある。不眠の改善。体内の不要物の排出を助ける。肌のハリ・ツヤがよくなる。ダイエットにいい。な...

発達障害の改善のために、イチゴは、積極的に摂りたいフルーツですね。発達障害の方は、感じ方が敏感ということは、脳もたくさんのパワーを使います。脳には糖分が必要。だけど、清涼飲料水の糖分は、逆に体に悪い・・・・じゃあ、どうするか??フルーツを食べましょう。当サイトでは、どんどん食べてほしい、発達障害に効果的なフルーツを紹介していきます。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発...

フルーツの力『梨』を食べて、発達障害のお子さんの疲労回復力を高めましょう。「なし」『梨』は、ビタミン類が少ないですが、アスパラギン酸が豊富に含まれています。これは、発達障害のお子さんには、欠かせない栄養素です。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発達障害の本当の関係。このサイト管理人が、発達障害に良い食べ物を知ることができたイーブックです。ここには、一目で発達障害の方が...

玄米〜栄養の宝庫と呼ばれる玄米は、発達障害改善の強い味方です。人間に必要な40種類の営養素を豊富に持つ、発達障害の強い味方。これが、『玄米』です。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発達障害の本当の関係。このサイト管理人が、発達障害に良い食べ物を知ることができたイーブックです。ここには、一目で発達障害の方が食べた方がいいもの、避けた方がいいものがわかる表がついています。...

さくらんぼの中には、発達障害にいい栄養がたっぷり含まれています!サクランボの力を発達障害のお子さんにサクランボは発達障害のお子さんにぴったりなフルーツです。食べやすく、美味しく、そして、栄養も豊富です。私がこの発達障害のお子さんにいい食事で伝えたいのは、偏食で悩まれているなら、フルーツを試してもらいたい、ということです。ただし、どんなフルーツでもいいわけではなく、いいフルーツは書けますが、悪いフル...

発達障害の症状の緩和にりんごを。発達障害の症状の緩和のために、1つフルーツを選んでくださいと言われると、私は、『リンゴ』をおすすめします。クエン酸、リンゴ酸リンゴには、クエン酸、リンゴ酸といった有機酸を多く含まれています。胃腸の働きを良くし、殺菌作用などの効果があります。また、乳酸を減して、疲れを取り除き、肩こり、腰痛の防止などにも効果があるとされます。この胃腸の動きを助け、疲労回復に効果的という...

『 柿が赤くなると医者が青くなる 』 ということで知られるほど、柿を食べることは体に良いとされます。つまり、柿を食べれば、みんな病気にならないので、医者の仕事がなくなるっていうことです。ちなみに、貝の牡蠣も、体にいいんですよ。こちらの記事にしていますので、参考にしてみてください。発達障害のお子さんにもいい食べ物として、柿は取り上げられます。ぜひ、見かけたら食べたいですね。発達障害と食べ物の本当の関...

あさりの力〜魚介類の多くは発達障害のお子さんの味方です。あさりにはカルシウムやカリウム、亜鉛などのミネラルがたっぷり入っています。そして、100グラムあたりに含まれるビタミンB12の含有量は貝類の中でナンバーワンなんです。ビタミンB12って何?まずは、ビタミンB12が不足するとどうなるかをまとめましょう。貧血めまい吐き気頭痛動悸息切れ食欲不振神経痛慢性疲労これらが起こりやすくなります。ADHDやア...

意外に知られていないイクラの凄さ。その前に、過去、人工イクラが流行り、本物のイクラを流通されている業者にまで風評被害起こるという出来事がありましたが、現在では、本物のイクラが安価で流通するようになり、人工イクラが駆逐されたようです。まずは、その点を確認しておいてください。当サイトでは、イクラの栄養だけではなく、いくら・イクラの名前の由来なども、書いておきます。発達障害のお子さんには、新しい刺激を不...

たらこは実は、発達障害の方に良いとされる栄養の宝庫なんです。たらこを食べれば医者いらず、なんていう言葉があるくらい、たらこは、栄養の宝庫。ただし、栄養がありすぎるので、コレステロール値が高い人は、控えたほうがいいです。(ビタミンEもありますので、そこまで神経質にならなくてもいいともいわれます)「たらこ」の由来たらこは、スケトウダラというタラの卵を塩漬けにしたもので、まさに、タラの子、「たらこ」とい...

女の子には鴨の肉がいいカモ(笑)鴨の肉は、ビューティーミートとも呼ばれ、女性に嬉しい栄養・成分がたっぷり入っています。鴨肉が、牛の肉や豚の肉と違うのは脂の質です。冷めてしまった牛肉や豚肉の白い塊の脂を見たことがありませんか?明らかに体に悪そうな・・・・でも、鴨肉は、そんなことはありません。冷めてしまっても、白い脂の固まりが出てこない。これが、鴨の肉が、体にい、美容にいいと言われる理由です。低温にな...

「しらす」でカルシウムを補う!その栄養と効能とは??「しらす」というのは、あの白い小さな魚たちのことを指します。セブンイレブンなどのコンビニでも手に入るありがたい食材です。ちなみに、「しらす」とは、シラウオやシロウオと混同されますが、カタクチイワシ・マイワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなどの、まだ体に色素がなく白い稚魚のことを指します。地方によっては、シロウオのことを「シラス」と呼ぶ習慣があり...

ししゃもの栄養とは?ししゃもも発達障害のお子さんにとって、強い味方になってくれます。今まで、数々の海産物の特徴・特性を扱ってきました。「しらす」の効果・効能「たらこ」の効果・効能「いくら」の効果・効能「あさり」の効果・効能「ホタテ」の効果・効能などです。ししゃもも負けず、劣らず、素晴らしい食材です。簡単に手に入れやすいのもいいですね。ちなみに、ししゃも、という言い方は、アイヌ語からきているそうです...

ウニも、発達障害のお子さんに食べてもらいたい食材です。ウニはそのイガイガのある姿から、漢字で「海栗」と書きます。高級食材とされますが、まったく食べられないほど手が出ないものでもなく、見かけたら、ちょっとした贅沢品として家族で楽しんでもらえたらと思います。うに丼のように、生で食べるのが栄養を損なわずに理想です。発達障害と食べ物の本当の関係とは?書籍には絶対にならない食べ物と発達障害の本当の関係。この...

特定原材料7品目不使用 バーモントカレー 中辛(108g)【バーモントカレー】大企業ハウスも動き出したグルテンフリーのカレールー【発達障害予防のために】久しぶりの記事になります。「グルテンフリー」この言葉に関する本がある程度増えてきていますが、まだまだ日本では、「グルテンフリー」という言葉は認識されていません。グルテンが入っている商品は、パン、ピザ、パスタ、うどん、ラーメン、そうめん、クッキー、ケ...

さつまいもの栄養と効果効能を調べました。GI値の面からも優秀な食材とされているさつまいもは、発達障害のお子さんに、率先して食べてほしい食材です。まずは、食物繊維ですね。さつまいもの食物繊維含有量は、じゃがいもの3倍と言われています。この豊富な食物繊維と、さつまいもの豊富に含まれるセルロースによって、便通が良くなるんですね。セルロースは、腸をきれいにする働きがあると言われます。発達障害のお子さんは、...

発達障害のお子さんの成績アップには、【肉】が欠かせません!発達障害のお子さんの成績アップのためには、まず、お肉をとることからはじめてみましょう。お肉は、身体をつくりますし、内臓も、つくってくれます。発達障害のお子さんの場合、体も小さく、細いことが多いです。また、内臓も弱いケースが多いので、きちんとお肉をとることは、絶対に必要なことなんですね。では、日常でご家庭でつかわれる3つのお肉の特徴を書いてい...

きのこの力!を知ってください。肉と一緒に焼くだけでいい。お味噌汁に入れても美味しい。お肉が食べられるようになったら、今度はあとひとつきのこを足してみませんか?きのこの力を少しここで説明していきたいと思います。きのこは食物繊維が豊富で、腸が元気になりますので、免疫力が上がったり、「食べるだけで元気になる食材」といえます。まずは、鍋の定番「えのき」から見ていきましょう。えのきは、他のきのこよりも、ビタ...

管理人からのお知らせ


イーブックは、著者が販売を停止すると、手に入らない可能性が高いです。

今、この時点で販売しているかどうかは、確認しておくとよいと思います。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
インターネットでも、話題になっている発達障害改善マニュアルです。アスペルガー、ADHD、ASD対応となっていますが、すべての発達障害に対応できるマニュアルです。医師では書けないこと、今の常識でははかれないこと、カウンセラーという立場で「現場」に居続けた著者だけが書ける本となっています。
>>>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
ポイント1 ポイント2 ポイント3
プロカウンセラーが著者 本にはない情報が満載 食事制限


中学3年生の女の子がたった90日で平均2・5の成績からオール3まで上った方法
100冊以上の発達障害や栄養、睡眠、親子関係、脳科学、について読んできたサイト管理人であるひろあが半年かけて書いた1冊です。400ページを超える電子書籍になっていますので、覚悟してお読みください。私が得た知識をできるだけわかりやすく書いたつもりですが、それでも、これだけのボリュームになりました。
>>>>発達障害の教科書・発達障害を改善させる120の方法
ポイント1 ポイント2 ポイント3
小学生、中学生対象 100冊以上の本の知識が1冊に 改善ポイントは3つ